真珠腫性中耳炎

お問い合わせはこちら 078-939-7801

内容

真珠腫性中耳炎とは、鼓膜の後上部付近から拡がり、中耳腔から側頭骨にかけて、「真珠腫」と呼ばれる皮膚の塊のようなものができ、中耳の奥深くに入り込んで大きくなっていきます。「真珠腫」と言いますが腫瘍ではなく炎症で、これを真珠腫性中耳炎といいます。その形がまるで真珠のように見えることから真珠腫とよばれています。このように塊が少しずつ大きくなるにつれて、中耳の周りの骨の組織を破壊して、周囲の聴神経に影響を及ぼすようになり、難聴やめまい、髄膜炎、顔面神経麻痺などの合併症を引き起こすこともあり、時に生命にかかわる事態になることがあります。

症状・診断・治療

中耳炎を繰り返しているうちに真珠腫が出来てしまうケースが多いといえます。真珠腫が疑われる場合とは、鼓膜の弛緩部と呼ばれる部分に特徴的な所見がある場合が多く、的確な鼓膜所見の把握が真珠腫の存在診断には最も重要です。
通常の炎症よりもたちが悪く、骨を溶かして髄膜炎や顔面麻痺の原因などになる場合もありますので、投薬治療だけによって治療することは困難で、手術を視野にいれた治療が必要です。
進展度の診断にはCTによる確認が必要な場合が多く、治療は鼓室形成術が必要になる場合が多いため、当院から総合病院へご紹介させて頂く場合が多くなります。

↑
垂井耳鼻咽喉科医院 中耳炎専門サイト お問い合わせはこちら 078-939-7801
診療時間

受付時間:月火水金(9:15~12:35、15:15~18:35)、土(9:15~12:35)
〒651-1505 兵庫県神戸市北区道場町日下部1664 恒生病院アネックスビル201