航空中耳炎

お問い合わせはこちら 078-939-7801

内容

もともと、人間という動物は空を飛ぶのに適したようには造られていないようです。
飛行機に乗ったときに大きな気圧の変化をうけることで、耳がキーンと詰まった感じを起こすことがありますよね。唾を飲み込む、もしくは、鼻をつまんで鼻から耳に空気を送り込む”耳抜き”をすることで解消されるのですが、上手に出来ないお子さんや、耳と鼻をつなぐ耳管がうまく働いていない時に起こる中耳炎です。

症状

耳が痛い、詰まった感じ、難聴、耳鳴り、頭痛などが症状として挙げられます。
大きな気圧の変化により、中耳と外耳の圧力のバランスが崩れてしまい、鼓膜が急激に引っ張られることで痛みを感じます。中耳腔にある空気は耳の穴を通じてではなく、「耳管」という管を通じて上咽頭(鼻の一番奥の部分)につながっています。その為、耳管の空気の通りが悪いと中耳は閉鎖された空間になってしまうので、外との気圧のバランスを上手にとることができなくなってしまいます。

治療方法

発症直後であれば耳管が閉鎖した状態が改善されれば治ります。
各個人によって耳管の働きがスムーズである人とそうでない人との差があるために、航空中耳炎にかかりやすい方とそうでない方がいます。かかりやすい方としては、鼻が詰まりやすい方や、風邪をひいている方です。原因となる鼻づまりを治療することが大切ですし、また事前に耳鼻咽喉科を受診して頂いて耳管開口部付近(鼻の一番奥の部分)をきれいにして、発症しにくい状態で飛行機を利用して頂くとよいでしょう。たびたび発症される方等は飛行機搭乗後にも確認のために耳鼻咽喉科を受診されることが望ましい場合があります。

↑
垂井耳鼻咽喉科医院 中耳炎専門サイト お問い合わせはこちら 078-939-7801
診療時間

受付時間:月火水金(9:15~12:35、15:15~18:35)、土(9:15~12:35)
〒651-1505 兵庫県神戸市北区道場町日下部1664 恒生病院アネックスビル201