癒着性中耳炎

お問い合わせはこちら 078-939-7801

内容

滲出性中耳炎が長期化・悪化し、鼓膜が陥凹して中耳の粘膜にくっついてしまう(癒着)病気です。
炎症が残存し聴力の悪化が問題になります。

症状

中耳腔の中は鼻の奥と耳管(じかん)という管でつながっており、そこから換気が行われています。この換気がうまくいかなくなると、中耳の中の空気が少なくなり、鼓膜の外側の気圧よりも内側(中耳側)の気圧が低くなるため、鼓膜が奥にに引っ張られるようになります。(トンネル海に潜った時や山に登った時に感じられる耳が詰まった状態をイメージしてください。)
その時、鼓膜は、内側に陥凹しています。この状態が通常であれば耳管を通して換気することにより、気圧を回復して鼓膜の位置は元に戻るはずなのですが、元に戻らない状態が長く続くと、中耳の粘膜から液がしみ出してきて中耳の中にたまり、滲出性中耳炎になると言われます。そして、この滲出性中耳炎が治らずに、さらに長く続くと、最後には、鼓膜が中耳腔の反対側の壁とくっついてしまい、中耳の空間がなくなってしまうような状態となります。このような状態を癒着性中耳炎といいます。この状態になると、強い難聴がおこります。

治療方法

症状がほとんどない、あるいは軽いうちであれば、それ以上悪化させないように通院による保存的治療を行いますが、難聴が強い場合には、手術による治療になります。入院、全身麻酔が必要なケースが多く、当院では実施していませんので、手術可能な病院へ紹介いたします。

↑
垂井耳鼻咽喉科医院 中耳炎専門サイト お問い合わせはこちら 078-939-7801
診療時間

受付時間:月火水金(9:15~12:35、15:15~18:35)、土(9:15~12:35)
〒651-1505 兵庫県神戸市北区道場町日下部1664 恒生病院アネックスビル201