急性中耳炎

お問い合わせはこちら 078-939-7801

内容

鼻と耳をつなぐ耳管を通して、鼻やノドにいた細菌やウィルスが中耳に入り、炎症が起こります。子どもの耳管は、傾きが大人に比べて水平で管自体も短いため、細菌が中耳に到達しやすくなっています。
さらに、進行がすすむと炎症により鼓膜が破れ、鼓膜の奥に溜まっていた膿が流れでてきます。この状態を耳漏(みみだれ)といいます。

気をつけてください! 中耳炎になっているサインかも知れません

①鼻水を出している乳幼児が熱を出している場合
②乳児が高熱を繰り返している
③カゼと言われたのに、抗生物質が処方された
④消化器症状

大人の場合は重症化するケースは少ないですが、小さいお子様(特に0~2歳のお子様)は何度も再発し、重症化するケースがよく見られます。

症状

おもな症状は下記5つが挙げられます。

①発熱 鼻水 咳
②耳の痛み
③耳の異常(難聴・耳がつまった感じ・耳の中で音がする)
④耳漏
⑤めまい

小さなお子さんでは、39℃~40℃まで熱が上がることもあり、泣きやまない、耳をよく触る、不機嫌になった場合は急性中耳炎になっているおそれがありますので注意しましょう。実際に、「なかなか下がらない発熱」で発見されることが多く、特に耳の痛みを訴えられない乳児に関しては、発熱を原因として小児科から耳鼻科へ紹介されるケースが多くあります。痛みの訴えに気づかれない場合には、炎症が進んで耳漏がでてから異常に気づくこともあります。しかし、適切な治療を行えば一時的なもので済み、破れた鼓膜も自然にふさがります。

治療方法

当院では中耳炎診療ガイドラインを参考にした診療を行っております。
患者様の状況によって診療手法は様々です。

・年齢
・臨床症状・・・全身状態・耳の痛み・発熱・啼泣・機嫌
・鼓膜所見・・・赤み・腫れ具合・耳漏・透明度

おもな観点は上記の3つですが、①鼻の処置(これが基本で最も重要)②投薬③耳処置を中心に行います。
但し、患者様の状況によっては鼓膜を切開して排膿する必要があります。鼓膜切開に関しては保護者様に説明し同意が得られる場合に実施致しています。お子様の大事な身体ですので、そのような場合には是非とも同意いただけますように、お願い致します。

※小児の急性中耳炎の治療が長引くと、滲出性中耳炎もしくは慢性中耳炎になる可能性があります。この疾患はどちらとも治療に時間を要します。また、滲出性中耳炎はしっかり治療すれば完治しますが、慢性中耳炎は状況によっては一生完治しないケースもあります。
そのため、必ず急性中耳炎を完治させてください。

↑
垂井耳鼻咽喉科医院 中耳炎専門サイト お問い合わせはこちら 078-939-7801
診療時間

受付時間:月火水金(9:15~12:35、15:15~18:35)、土(9:15~12:35)
〒651-1505 兵庫県神戸市北区道場町日下部1664 恒生病院アネックスビル201